チェック・ポイント、セキュリティの実効性と管理機能で「Recommended」評価を獲得

NSS Labs, Inc.が2016年次世代侵入防御システム(IPS)テストの結果を発表しました。NSS Labsがセキュリティの実効性と管理機能を独自に評価したテストにより、チェック・ポイントは最高スコアとなる「Recommended(推奨)」評価を獲得しました。次世代IPS部門における今回の結果を受け、チェック・ポイントは通年で3回目、2011年以降の通算で13回目の「Recommended」評価を獲得しました。

チェック・ポイントの主なテスト結果

  • 回避の阻止:100%
  • Adobe、Apple、IBM、Oracle製品の保護:100%(Microsoft製品は99.9%)
  • アプリケーション制御、検出精度、安定性・信頼性テスト:すべて合格
  • 保護対象の1Mbps当たりの3年間のTCO:$8.04

btn-download-test-report-sm

NSS Next Generation IPS Graph
これらの結果は、チェック・ポイントが推奨するデフォルトのIPSポリシーによって得られたものであり、チェック・ポイントのIPSテクノロジーの使いやすさを示すものです。