Home Page | Skip to Navigation | Skip to Content | Skip to Search | Skip to Footer

チェック・ポイントの 3D Security

チェック・ポイントの 3D Security

チェック・ポイントの新ビジョンがセキュリティの定義を変える
ポリシー、ユーザ、実施を結び付けて完璧な保護性能を実現

チェック・ポイントの 3D Security は、3つの側面からの包括的なアプローチにより、セキュリティをビジネス・プロセスの一環として再定義する新たなビジョンです。ポリシー、ユーザ、実施を結び付け、ネットワークやデータ、エンドポイントなど、あらゆるレイヤのセキュリティに強力な保護性能をもたらす構想です。今日のニーズに対応した高度な保護性能を実現するには、従来型の技術偏重ではなく、効果的なビジネス・プロセスとしてセキュリティを捉えなければなりません。3D Security により、技術だけでは達成できない高度なセキュリティを確保することが可能です。

チェック・ポイントの 3D Security を取り入れると、以下の3つの要素(ポリシー、ユーザ、実施)を結び付けてセキュリティをビジネス・プロセスとして再定義できます。

policy globe people globe enforcement globe
ポリシー: ビジネス・ニーズに対応し、セキュリティをビジネス・プロセスに変換します ユーザ: ポリシー定義やユーザ教育、インシデントからの復旧といったセキュリティ対策を実行します 実施: ネットワーク、データ、アプリケーション、コンテンツ、ユーザなど、あらゆるレイヤのセキュリティを統合および管理します

先進的ネットワーク・セキュリティ・スイートの最新版 Check Point R75 は、チェック・ポイントの新ビジョン、3D Security の要素を実装した初の製品です。

 

ポリシー

policy globeセキュリティの第一歩は、ポリシーの入念な定義と周知徹底です。ポリシーは、ビジネス・ニーズや戦略に適したものである必要があります。しかし今日の多くの企業はこの基本に反し、システム・レベルのチェック技術の集積に終われています。そのため、セキュリティの低下、さらには法令遵守やコーポレート・ガバナンス報告書にかかるコストの増大を招く可能性があります。

単一の統合ソリューションで 3D Security の強固な土台を提供する Check Point R75 では、情報セキュリティを強化しながらビジネス・ニーズやガバナンス・ニーズを満たすセキュリティを実現することが可能となり、ユーザやビジネス・ニーズに適したセキュリティ・ポリシーやプロセスを定義できます。

 

ユーザ

people globeIT システムのユーザは、セキュリティ・プロセスの成否を決定づける重要な要素です。なぜなら、マルウェアの感染や情報の漏洩は、ほとんどがユーザの不適切な操作や不注意に起因しているからです。セキュリティは可能な限りシームレスかつ透過的であることが重要ですが、同時にセキュリティ・ポリシーの実施にユーザを関与させつつユーザ教育を行うことで最大限の効果が見込めます。企業ネットワーク/社内データにアクセスする際の適切な振る舞いについて周知の徹底も重要です。

Check Point R75 は、強固なセキュリティ技術とユーザの意識向上の組み合わせにより、現代にマッチした独自のアプローチで優れたセキュリティを実現します。また、セキュリティ・インシデントの可能性を持つ問題の是正プロセスに社員を参加させるチェック・ポイントの独自技術 UserCheck™ を統合しているほか、リスク・レベルやユーザ・ニーズに合わせてポリシーをカスタマイズできる柔軟性も持ち合わせています。

 

実施

enforcement globeネットワーク・セキュリティを確保するには、あらゆる保護レイヤを効果的に管理する必要があります。だからといって必要な機能に応じて単機能製品を複数導入すると、結局はセキュリティを管理しきれなくなるという状況に陥りがちです。しかも、セキュリティ・システムでは違反のレポートが作成されるだけで、ポリシーがプロアクティブに実施されていない例が多く見受けられます。セキュリティを高レベルで把握、管理するには、セキュリティ・インフラストラクチャを統合し、セキュリティ・インシデントの検出だけでなく防止にも対応したシステムを使用する必要があります。

Check Point R75 を導入すると、さまざまな保護機能を単一ソリューションに統合する多機能、多次元のゲートウェイへとファイアウォールを拡張することが可能です。

 

チェック・ポイントの R75 はチェック・ポイントの 3D Security というビジョンを具現化した初の製品です。新しい Software blade には、Application Control、Identity Awareness、Data Loss Prevention、そして Mobile Access の各機能が搭載されています。製品についてのお問い合わせは下記からお願いいたします。

 

 

お問い合わせ