チェック・ポイントでは、社内のセキュリティ専門家によって独自に策定・開発されたさまざまな教育プログラム、専門の認定資格、自己学習用リソースをご用意しています。トレーニングは、世界各地の公認トレーニング・センター(ATC)で受講できます。


トレーニング

チェック・ポイントでは、ATCと連携して、当社のセキュリティ・ソリューションの導入と管理を担当するITセキュリティ技術者を対象に、包括的な技術トレーニングと認定プログラムを提供しています。


セキュリティ管理者向けコア・トレーニングGAiAオペレーティング・システム上でのチェック・ポイントのセキュリティ・ゲートウェイとManagement Software Bladeシステムの起動、設定、日常的な運用管理に必要なあらゆる知識の習得を目指す3日間のコースです。
セキュリティ専門家向けのコア・トレーニング GAiAオペレーティング・システム上でのチェック・ポイントのセキュリティ・システムの構築、変更、展開、トラブルシューティングについて学ぶ3日間の上級者向けコースです。ラボでのハンズオン演習では、ファイアウォール・プロセスのデバッグ、VPNパフォーマンスの最適化、管理サーバのアップグレードを実施する方法を学習します。

次世代セキュリティ・トレーニング 最新のサイバー・セキュリティ・ソリューションを導入し、進化を続ける今日の脅威を防御する方法について学びます。

上級者向けセキュリティ・トレーニング ハイエンド・ネットワークにおける仮想化セキュリティの管理と高度なセキュリティ最適化手法について学びます。


認定

チェック・ポイントの認定資格は、Fortune 100とGlobal 100の全企業においてインターネットの安全な利用を実現する技術に精通していることの証明となります。また、チェック・ポイント製品のサポートと販売に関するスキル習得、2年間有効なSecureKnowledgeデータベースへの特権アクセス、高度な製品ドキュメントの入手などのメリットも含まれています。

はじめに: 認定資格取得のメリットを受けるには、チェック・ポイントのユーザ・センターまたはPartnerMapのアカウントが必要になります。新しいアカウントはユーザ・センターで作成できます。アカウントについてご不明な点がございましたら、アカウント・サービスにお問い合わせください。そのほか、Pearson VUEのアカウント、およびユーザ・センターのアカウントと同じメール・アドレスも必要です。

Check Point Certified Security Administrator (CCSA) R80

Essential certification for IT Admins who manage daily operations of Check Point Security solutions.


Check Point Certified Security Administrator (CCSA) R77.30

当社のセキュリティ・ソリューションの管理を日常的に担当するIT管理者にとっては必須の認定資格です。


Check Point Certified Security Expert (CCSE) R77.30

トラブルシューティングのスキルと、セキュリティ・ネットワークのパフォーマンス向上を実現する能力を証明する一段階上の認定資格です。


Check Point Managed Security Expert (CCMSE)

Virtual System Extensionを利用した、Multi-Domain Security Managementに関する高い専門知識を有していることを証明する上級者向けの認定資格です。


Check Point Certified Security Master (CCSM) R77.30

時間短縮につながる高度なコマンドを使用して、チェック・ポイントのセキュリティ・システムの設定とトラブルシューティングを行うスキルを証明する、技術的に最も高度な認定資格です。