Home Page | Skip to Navigation | Skip to Content | Skip to Search | Skip to Footer

トレーニングと認定

CCSE Changes
What it means to you

Check Point Security Expert (CCSE)
Check Point Software blade の幅広い機能と最適化を詳細に学習

3日間* のコースにより、チェック・ポイントの Software Blade のさまざまなセキュリティ機能の導入、設定およびパフォーマンスの最大化の実現を学習

学習概要

  • 複数のセキュリティ・ゲートウェイによるクラスタの構成
  • プロビジョニングの実装
  • ハイ・アベイラビリティの構成設定とロードシェアリングの適用
  • DLP(Data Loss Prevention)技術の適用

推奨される参加要件

  • CCSA R70 のトレーニングの受講、CCSA R70 の認定取得または同等の経験

トレーニングの効果

  • 高度なルーティングに対応するネットワーク設定
  • 高度なレポーティングとモニタリング機能の利用
  • ネットワークへの侵入に対する認識と追跡
  • セキュリティ・アクセラレーション要件の評価
  • セキュリティ・ポリシーの変更管理の監査と承認
  • 高度なデバッグ・テックニックによるトラブルシューティング
Get Trained Self-Study

*トレーニング日数は、開催するトレーニング・パートナーによって異なります。

Check Point Certified Security Expert (CCSE) R70/R71認定試験
Check Point Software Blade の性能を最大限化するスキルを証明

必要知識

  • 企業のセキュリティ・ゲートウェイの容易な
    リモート管理手法
  • SmartWorkflow によるポリシー変更リクエストの
    プロセス
  • プロビジョニングを用いた各種シナリオにおける
    導入展開
  • クラスタ環境における VPN の設定と確認
  • セキュリティ・イベントから重要な
    セキュリティデータの抽出
  • セキュリティとパフォーマンスを向上するための
    IPS ポリシー変更管理
  • DLP (Data Loss Prevention) 機能の導入、展開
  • 高度なトラブルシューティングおよびデバック手法

認定試験の受験に関する必須要件

  • CCSA R70/R71 認定取得
  • 6ヶ月以上1年程度のチェック・ポイント製品の経験

認定取得による効果

  • 他のセキュリティ・ベンダーの認定に比べ最も高く評価される CCSE
  • 今日の最新ネットワーク・セキュリティの進化に対する管理スキルを実証
  • 認定プロフェッショナルのコミュニティを通じて、ニュースレターの入手や特定 Web へのアクセスが可能
Take Practice Exam Schedule Exam Download Study Guide More Information