パブリック/プライベート・クラウド・セキュリティ向けvSEC

プロセスの効率化とネットワークの即応性向上が求められている現在、IaaSとSDN技術の導入が急速に進んでいます。しかし、この新たなインフラストラクチャには、セキュリティに関する固有の課題もついて回ります。Check Point vSECは、巧妙なセキュリティ脅威からクラウド上の資産を保護するソリューションです。物理ネットワークと仮想ネットワークにわたる動的な拡張性、インテリジェントなプロビジョニング、一貫性のある管理により、セキュリティを懸念せず、安心してクラウドを利用することが可能となります。

security management intro image

チェック・ポイントが提供するソリューション

プライベート・クラウド・セキュリティ

ネットワーク仮想化の登場は、トラフィックの特性に大きな変化をもたらしました。ネットワークやデータセンター間を流れる南北トラフィックの多くが、データセンター内を流れる東西トラフィックとなった結果、新たなセキュリティ問題が浮上しています。この東西トラフィックに対するセキュリティ制御が不十分な場合、セキュリティ脅威はデータセンター内を自由に移動することが可能となり、感染が拡大します。Check Point vSECは、セキュリティ脅威によるSoftware-Defined Data Center(SDDC)内の移動を阻止するシームレスかつ高度な脅威対策機能と、物理および仮想環境のセキュリティを効果的に管理するための可視性および制御を提供します。しかも、これらすべての機能は、単一の統合管理ソリューションで運用可能です。

vSEC for Cisco ACI
vSEC for VMware NSX
vSEC for OpenStack


パブリック・クラウド(IaaS)セキュリティ

コンピューティング・リソースやデータをパブリック・クラウドに移動すると、セキュリティに対する責任がクラウド利用者とクラウド・プロバイダの間で分担されることになります。インフラストラクチャの保護はプロバイダが担当しますが、データの制御やプライバシーの維持、クラウド上の資産の保護などは、規制を遵守しつつ、利用者の側で実施する必要があります。Check Point vSECを導入すると、パブリック・クラウド上の資産に対する接続の信頼性を確保しながら、高度な脅威対策でパブリックおよびハイブリッド・クラウド上のアプリケーションやデータを保護できます。

vSEC for Amazon Web Services
vSEC for Google Cloud Platform
vSEC for Microsoft Azure
vSEC for VMware vCloud Air


データセンター仮想化およびネットワーク機能仮想化

仮想データセンター環境やネットワーク機能仮想化(NFV)環境向けの高度な多層防御セキュリティを提供するCheck Point vSECは、サービス・プロバイダで仮想セキュリティ機能を実現できるように設計されています。例えば、包括的な脅威対策、ゼロデイ対策、即応的なサービス提供、効率的な管理、コア・ネットワーク機能関連の自動化、Software-Defined WAN、vCPE環境を実現できます。

vSEC Virtual Edition