次世代脅威対策

セキュリティの強化に踏み切った多くの企業が直面するのは、複雑さの増大と管理上の課題です。そこでチェック・ポイントでは、多層防御を実現してお客様環境のセキュリティを最大限に高めながら、課題の発生を最小限に抑え、セキュリティ・ギャップを解消しています。

forrester_prodKnotch_417x193


統合型多層防御

現状のセキュリティ対策が不十分と認識している多くの企業は、さまざまなベンダーのセキュリティ技術を追加導入してセキュリティ強化を図っています。しかし、単機能製品を寄せ集めただけでは、特定領域のセキュリティは向上しても、レポーティングやプロビジョニング、設定、テストなど、各種作業を個別に管理する必要が生じてしまいます。一方、次のような特長を備えるチェック・ポイントの包括的なソリューションなら、このような課題も克服できます。

  • 相互運用可能な幅広い脅威対策Software Blade
  • 共通のポリシーの管理および監視
  • 最新の脅威からの最大限の保護

 

83% of organizations had existing bot infections

容易な導入と総所有コストの削減

セキュリティ・インフラストラクチャの複雑化は、セキュリティ業務の効率性の大幅な低下を招きます。セキュリティ担当者は、こまめにファイアウォール・ポリシーを更新し、新しいネットワーク・リソースの構築とプロビジョニングを行う必要があるほか、ネットワーク上での変更が大規模に影響する場合はそれを評価しなければなりません。しかも監視が必要となるデータは分散され、サイロ化の状態にあります。一方、セキュリティ・インフラストラクチャの一元的な把握が実現すると、セキュリティ担当者のストレスが低減し生産性の向上が期待できるため、運用コストの削減につながります。

Next Generation Threat Prevention from Check Point is one-half to one-third the cost of multi-vendor security implementations.



導入のメリット

SandBlast Zero-Day Protection

攻撃の手口は巧妙化する一方です。企業リソースへのアクセスを試みる攻撃者は、マルウェアによる攻撃を日々高度化させています。これに対し、Check Point SandBlast Zero-Day Protectionは革新的な技術を組み合わせて、危険性の高い標的型攻撃や未知のマルウェアからもプロアクティブに保護しながら、安全なコンテンツをユーザに素早く確実に転送します。

SandBlast Zero-Day Protectionの詳細


脅威対策アプライアンスおよびソフトウェア

今や組織にとって、高度なマルウェアへの対応や感染前後の各段階での被害阻止は不可欠となっています。チェック・ポイントの脅威対策セキュリティ・アプライアンスと各種のSoftware Bladeは、多層防御を実現しネットワークをサイバー攻撃から保護します。

脅威対策アプライアンスおよびソフトウェアの詳細


脅威情報

脅威動向がめまぐるしく変化する今日、組織は常に最新情報を把握し、不測の事態にも適切に対処できる体制を整えておかなければなりません。チェック・ポイントのThreatCloud IntelliStore、Incident Response Service、Managed Security Serviceは、組織が攻撃者に対して常に優位に立ち、将来のリスクを軽減できるよう支援します。

脅威情報の詳細


Webセキュリティ

Webマルウェアは、想像以上に狡猾化しています。チェック・ポイントのWebセキュリティ・ソリューションでは、リアルタイムの保護機能により、Webの安全な利用を実現します。Web利用ポリシーについてのユーザ教育の実施に加えて、 業界最大規模のアプリケーション・データベース、きめ細かな制御、使い勝手に優れた集中管理機能などの特長も備えています。

Webセキュリティの詳細


DDoS対策

分散サービス妨害(DDoS)攻撃は、いつ誰が仕掛けてくるか分かりませんが、簡単な対策を講じるだけで、DDoS攻撃に起因するサービス中断を回避できます。チェック・ポイントのDDoS-P(DDoS対策)は、オンプレミスおよびクラウド・ベースの専用リソースを組み合わせて、大容量型、反射型、アプリケーションを狙う、またはリソースを枯渇させるDDoS攻撃を防御します。

DDoS対策の詳細