DDoS対策

分散サービス妨害(DDoS)攻撃は、いつ誰が仕掛けてくるか分かりませんが、簡単な対策を講じるだけで、DDoS攻撃に起因するサービス中断を回避できます。チェック・ポイントのDDoS-P(DDoS対策)は、オンプレミスおよびクラウド・ベースの専用リソースを組み合わせて、大容量型、反射型、アプリケーションを狙う、またはリソースを枯渇させるDDoS攻撃を防御します。

DDoS Protection DDoS Protection


DDoS攻撃に効率よく対処

DDoSツールキットはオンラインで比較的容易に入手できるため、技術的な経験やリソースが乏しい攻撃者でも甚大な被害を引き起こせます。緊密な連携による攻撃を受ければ、生産性や顧客満足度、社会的信用、収益に大きなダメージを被りかねません。

DDoS攻撃に効果的に対処するためには、ネットワーク層とアプリケーション層に対するフラッド攻撃を素早く的確にブロックし、被害を未然に防ぐツールが必要となります。

Image: DDos accounted for 60% of attacks in 2014

進化を続ける攻撃に対し優位に立つ

弱点に目を付けた攻撃者は、執拗に攻撃を加えてきます。実際、DDoS攻撃の被害者の87%は、攻撃を複数回受けています。

その攻撃手法は日々進化しており、検出が一層困難になっています。多くの場合、「ゆっくりと時間をかけて」実行されるため、検出機能が即座に反応しない可能性があるのです。また、DDoS攻撃に注目しているセキュリティ担当者の隙を狙って、データを盗み出すケースもあります。

Image: 87% of DDoS victims attacked multiple times



導入のメリット

DDoS Protectorアプライアンス

DDoS攻撃をブロックして被害の発生を未然に防ぎます。チェック・ポイントのDDoS Protector™アプライアンスは、多層の防御技術と最大40 Gbpsの優れたスループット性能により、境界セキュリティを強化し、DDoS攻撃から保護します。

DDoS Protectorアプライアンスの詳細


Penalty Box

Advanced Networking & Clustering Software Bladeの一機能であるPenalty Boxを使用すると、迷惑なトラフィックを効率よく迅速に特定、隔離し、プロセッサの使用率の急増を最小限に抑えられます。トラフィックがポリシー違反のしきい値を超えた場合には、Penalty Boxが素早くそのトラフィックを一時的にドロップし、その後、再導入して監視します。しきい値を下回るまで、トラフィックは隔離されます。

Advanced Networking & Clustering Software Bladeの詳細


ThreatCloud Incident Response Service

チェック・ポイントのIncident Response Serviceでも、攻撃に対処する際に役立つ各種リソースを提供しています。セキュリティ脅威の阻止から被害の軽減、通常業務の再開に至るまで、チェック・ポイントのセキュリティ専門家による24時間体制の支援を受けることができます。

ThreatCloud Incident Response Serviceの詳細