モバイル・セキュリティ

事業を展開する企業にとって、今やモバイルは欠かせないツールとなっています。業務データの安全性を確保しながらモバイルによるアクセス環境を整備し、各種モバイル・デバイスをセキュリティ脅威から保護する必要があります。チェック・ポイントでは、企業のモバイル環境を保護するための幅広いモバイル・セキュリティ・ソリューションを提供しています。

Protect Phone from Hackers Protect Phone from Hackers


至る所に存在し、刻々と変化する脅威

サイバー犯罪者は、ユーザに広く利用されている技術を悪用して絶えず新たな攻撃手法を編み出しています。その事実を裏付けるように、モバイルのオペレーティング・システムやアプリを狙った攻撃の割合は増加し続けています。モバイル脅威の以下のような特徴が、検出や防御を困難にしています。

  • 2014年に作成されたマルウェアは2,700万種
  • 高度なモバイル脅威は従来のアンチウイルスによる検出を回避可能
  • モバイル・デバイスでの文書ファイルの保護は限定的

チェック・ポイントのモバイル・ソリューションは、境界内外を問わず、あらゆる事業活動、デバイスにおいてシームレスで強力なモバイル・セキュリティを実現します。

 

Image: threats everywhere

モバイルにおけるセキュリティ侵害のリスクは増大

モバイル技術の台頭に伴い、ネットワーク・セキュリティ上の課題はかつてないほど深刻化・多様化しています。モバイル・デバイスやアプリの利用は従来とは異なる攻撃経路を多数生み出しており、IT担当者に課せられた新たなデータ・セキュリティ上の課題となっています。

  • 2014年には企業の42%がモバイル・データ侵害に遭遇
  • セキュリティ専門家の82%がモバイル・セキュリティ・インシデントの増加を予測

特定のニーズ向けの従来型モバイル・セキュリティ・ソリューションでは、包括的な保護を期待できません。モバイル・データ・セキュリティに関する調査からも、攻撃者がセキュリティ上の弱点を突き、物理・社会的に大きなダメージとなるセキュリティ侵害のリスクに企業をさらしているという、厳しい実態が明らかになっています。

 

私物デバイスを使用する社員のセキュリティ意識は低い

日々の業務ではさまざまな私物デバイスが使用されていますが、第三者によるデバイスへのアクセスを阻止する重要性を認識している社員は一握りに留まります。

  • 社員の90%が私物のタブレットにロックをかけていない
  • 社員の75%が私物のスマートフォンにロックをかけていない
 



導入のメリット

Mobile Threat Prevention

外出中でも社内の重要データにアクセス可能なスマートフォンやタブレットは、さまざまなメリットを企業にもたらしますが、情報漏洩などのリスクも増大させます。そこで、高度なモバイル脅威からiOS/Android搭載デバイスを保護するCheck Point Mobile Threat Preventionを導入すれば、セキュリティを懸念せずにモバイル・デバイスを導入し、業務に活用できます。

Mobile Threat Preventionの詳細


Check Point Capsule

モバイル・セキュリティを導入する際に、もはや複雑さの増大を懸念する必要はありません。Check Point Capsuleは、モバイル・セキュリティ・ニーズに唯一対応するワンストップ・ソリューションです。Check Point Capsuleが創出する安全なビジネス環境では、モバイル・デバイスやビジネス文書が場所を問わずシームレスに保護されます。

Check Point Capsuleの詳細


Endpoint Security

モバイル・デバイスは、データ窃取や攻撃を画策する犯罪者にたびたび狙われています。Check Point Endpoint Securityは、データ・セキュリティ、ネットワーク・セキュリティ、脅威対策、リモート・アクセスVPNを実現する単一のエージェントで、WindowsとMac OS Xを包括的に保護します。統合スイートとして提供され、シンプルな統合管理とポリシーの一括実施を可能にします。

Endpoint Securityの詳細