企業統治とリスク管理、法令遵守への対応について

複数の法規制や遵守するべき法令は、ますますハードルが高くなり各企業における負担も重くなっています。急増するコンプライアンス要件に対応するため、チェック・ポイントでは、パフォーマンス目標を維持し、セキュリティ・リスクを最小限に抑える統合セキュリティ・プラットフォームを提供しています。

Governance_Intro_Image

導入のメリット

コンプライアンスを確実に達成

自社環境がコンプライアンスに最適な構成を維持できている企業は、安心して事業に専念できます。 チェック・ポイントのCompliance Software Bladeは、管理製品や他のセキュリティSoftware Blade、セキュリティ・ゲートウェイを監視してチェック・ポイント製品の導入環境が可能な限り最適に構成されているかどうかを随時検証します。また、24時間体制のセキュリティ監視、ポリシー違反に関するセキュリティ・アラート、すぐに利用できる監査レポートも提供しています。

  • 各種規制の遵守状況をリアルタイムで評価
  • セキュリティに悪影響を与えるポリシーの変更が発生した場合は即座に通知し、推奨されるアクションを掲示
  • 不完全な設定やセキュリティ上の弱点を明確化


ネットワーク環境を継続的に診断、監視

米国土安全保障省が立ち上げた継続的な診断および監視(CDM)プログラムは、組織内の状況を監査の時期に限らず常時把握するという課題に対応しています。チェック・ポイントのCDMサービスを利用すれば、連邦政府機関はセキュリティ上のベスト・プラクティスを収録したライブラリと照らし合わせてリアルタイムで構成を監視し、組織が常にコンプライアンスに準拠していることを徹底できるようになります。

  • イベント調査を効率化し、重要なセキュリティ・イベントをリアルタイムで把握可能
  • 特定関係者のニーズに合わせたレポートのカスタマイズが可能
  • 各種デバイスを監視し、ゲートウェイやエンドポイント、トンネル、リモート・ユーザ、セキュリティ・アクティビティに関する変更や変化を通知


堅実なリスク管理を実現

チェック・ポイントのeasy2complyは、国際的なITおよびセキュリティ基準の遵守を可能にし、関連する新しいフレームワークが構築された場合に組織が柔軟に適応できる態勢を築きます。ITシステム、リソース、リスク、および統制の文書化の効率化、定期的なリスク評価の定義と管理、インシデントの蓄積、事業継続性の分析と管理、レポートやダッシュボードを介したさらなる洞察の提供を行う先進のソフトウェア・プラットフォームです。

  • 国際的なITセキュリティ基準の遵守を支援
  • ITシステム、リソース、リスク、および統制の文書化を効率化
  • 定期的なリスク評価を定義、管理
  • インシデントの蓄積、事業継続性の分析と管理、レポートやダッシュボードを介したさらなる洞察の提供を実施