エンドポイント・セキュリティ

チェック・ポイントのエンドポイント・セキュリティ・ソリューションは、データ・セキュリティやネットワーク・セキュリティ、高度な脅威対策、フォレンジック、リモート・アクセスVPNなどの機能を搭載しており、エンドポイントを包括的に保護します。単一のコンソールで管理可能なチェック・ポイントのエンドポイント・スイート製品により、セキュリティ管理が簡素化されます。

チェック・ポイント、9年連続で「Magic Quadrant for Mobile Data Protection」のリーダー・クアドラントに選出

SandBlast Agent endpoint protection overview video SandBlast Agent endpoint protection overview video

導入のメリット

エンドポイント・デバイス上で保存、使用、転送されるデータをあらゆる場面で保護

今日では、企業のノートPCおよびデスクトップPCのほとんどが機密データをハードディスクに保存しており、日常的に安全な環境以外で使用されるケースも少なくありません。もしノートPCが紛失や盗難、攻撃に遭い、データ侵害が発生すれば、高額な罰金や訴訟、収益減に発展する可能性があります。チェック・ポイントの各ソリューションは、このような事態に対処します。例えば、フルディスク暗号化機能はハードディスク全体を、またメディア暗号化とポート制御機能はリムーバブル・メディアをそれぞれ保護します。またCapsule Docsは、文書へのアクセスを許可されたユーザに限定し、シームレスな保護を実現します。外出先や遠隔拠点から企業リソースへアクセスする場合は、リモート・アクセスVPNが安全な環境を提供します。


ゼロデイ攻撃や高度な脅威からエンドポイント・デバイスを保護

ウイルスやワーム、ボットなど、マルウェアによる攻撃は絶えず変化し続けています。フィッシング・メールを送り付けられたユーザがメール内のリンクをクリックすると、マルウェアに感染したWebサイトにリダイレクトされてしまいます。このような新たに出現した脅威を防ぐためには、場所を問わず包括的にエンドポイント・デバイスを保護する必要があります。

チェック・ポイントのSandBlast Agentを導入すると、ゼロデイの脅威やボットと指令(C&C)サーバの通信、その他の高度な攻撃からエンドユーザ・システムを保護できるようになります。

チェック・ポイントのアンチマルウェア機能およびアプリケーション制御機能は、シングル・スキャンでマルウェアを効率よく検出し、エンドユーザ・システム上での動作を、許可されたソフトウェア・プログラムに限定することができます。

また、チェック・ポイントのファイアウォールは、着信/発信の両トラフィックを監視し、またコンプライアンス・チェック機能は、ポリシーが確実に実施されているかを監視しエンドポイントを保護します。


統合ポリシーや一元化されたレポーティング、実用的なフォレンジック機能により、エンドポイント・セキュリティ管理を簡素化

Check Point Endpoint Policy Managementでは、エンドポイント・ポリシーの実施、管理、レポート作成、ユーザ教育を単一のコンソールから行えます。カスタマイズに対応した管理ダッシュボードを使用して、組織にとって重要性の高い特定のセキュリティ問題を詳細に把握し、エンドポイントのポリシー遵守状況を改善する対策を講じることができます。

SandBlast Agentのフォレンジック機能は、攻撃のライフサイクル全体の包括的な可視化とセキュリティ・イベントに関する実用的なデータの収集により、セキュリティ担当者がイベントを詳細に把握し、迅速に問題を解決して被害を抑制できるようします。