重要インフラとICS/SCADA
セキュリティ・ソリューション

重要インフラのセキュリティ対策においては、一般的なITシステムとは別の課題があります。過酷なシステム動作環境や、特殊プロトコルが使用されているなど、条件が異なるためです。チェック・ポイントの産業用制御システム(ICS)/SCADA向けセキュリティ・ソリューションは、高度なセキュリティ脅威対策機能に加え、耐環境性に優れ堅牢化された筐体、多様なプロトコルへのサポートなど、多くの特徴があります。電力会社の発電設備や、管制システム、水処理システムなどの社会インフラに関わる重要なシステムをセキュリティ脅威から防御できるように設計されています。

Check Point’s ICS/SCADA cyber security solutions video Check Point’s ICS/SCADA cyber security solutions video

導入のメリット

SCADAのトラフィックを完全に可視化し、きめ細かく制御

  • 次世代ファイアウォールにより、SCADAのプロトコルのきめ細かい機能制が実現
  • オペレーション・ネットワークで発生したインシデントのフォレンジック分析用のコマンドとパラメータを含む、SCADAのプロトコルを記録
  • 既知/正規のトラフィックのベースラインを作成して、偏差や異常を特定、防止
  • Compliance Software Bladeにより、NERC CIPのバージョン5などの重要規制の遵守状況を監視

SCADA対応の脅威検出および防御機能で包括的に保護

  • BACnet、DNP3、IEC-60870-5-104、IEC 60870-6(ICCP)、IEC 61850、MMS、Modbus、OPC、Profinet、S7(Siemens)など、多数のICS/SCADA固有のプロトコルに対する、業界最高水準の広範なサポート
  • SCADAのIPSシグネチャによりICSの脆弱性を狙う攻撃を検出、防御し、脆弱性が確認されてからパッチが適用されるまでの間もシステムの安全性を確保
  • ファイアウォール、IPS、アンチマルウェア、サンドボックスなどの幅広い脅威対策機能を活用して、SCADAネットワークに侵入を試みる脅威を検出、阻止
  • 企業の境界、ITおよびOTネットワーク間のブリッジ、OTネットワーク内のオペレータ・ワークステーションとSCADAデバイスを保護する、包括的なIT/OTセキュリティ・ソリューション
  • Next-Generation SmartEventによって絞り込まれた脅威レポートにより、素早くリスク分析を実施

堅牢なアプライアンスであらゆるセキュリティ機能を提供

  • ファイアウォール、アプリケーション制御、アンチウイルス、アンチボットなどの保護機能などの次世代脅威対策を統合し、プロセス制御環境の過酷な条件に適合する専用設計のアプライアンス
  • 可動部品を排除したコンパクトなファンレス設計を採用。-40°C~75°Cの過酷な温度環境でも動作可能
  • IEEE 1613とIEC 61850-3に準拠。熱や振動、電磁干渉(EMI)に耐え得る産業仕様

アプライアンス

1200R Rugged Appliance